・沿革

 真言宗 豊山派 ()(もん)(ざん) ()(げん)() (ほう)(しゅ)(いん)は、今から約五百五十年前 寛正大乙甲(一四六五)年に創立されたものと、他の記録より推測することができます。

 御開山開祖は千六百年代の火災により、古記録什宝悉焼失し、今だに辿ることの能わざるは、誠に心に残る極みにございます。

 無住の時代もあり、現住職は 第十六代吉田泰俊住職であります。

・信徒と結ぶ 本堂 天井絵

 昭和六十二(千九百八十七)年 天井張替えに当り、檀信徒の方々の描画奉納により張り替えることに致しました。

 立派な出来栄えは名画に勝り、御仏への信仰と先祖への追善は、寺院と檀家を結ぶ絆として燦たるものがあります。

・年間行事

1月1日     年始ご挨拶

3月15日    涅槃会(だんごまき)

3月       春彼岸会

6月第一日曜日  大般若転読法要

8月5日     盆参会・施餓鬼会 

8月13~16日   お盆供養

9月       秋彼岸会

・永代供養墓

多くの方の要望により、立てさせていただきました。

何時でも、どなたでも、お参りして頂け、四季を感じられる自然豊かな

、参道途中に作らせていただきました。

詳しい詳細を知りたい方、ご希望の方はお気軽に寺までご相談ください。

アクセス

MENU